チャイルドケア・インストラクター

subpage01

チャイルドケア・インストラクターは、ケアライセンスの中の2つあるライセンスの内のひとつです。

コーディネーターの資格を取得してから手順を踏んで資格を取得します。
ライセンスを取得するなら、日本アロマコーディネーター協会(JAA)が運営している指定講習会を受講します。


それに先立ってもうひとつの資格を持ちマザーズクラブに在籍していることが条件となり、それをクリアしたら認定試験の受験ができます。

チャイルドケア・インストラクターは、チャイルドケアの指導者として地域の活性化を図る啓蒙活動を目的としており、それにふさわしい人材であると認められたが取得できる資格制度になっています。
活動の一環として子どもと一緒に命や暮らしを考えることに重点を置き、チャイルドケアを実践するうえで必要と思われる知識や方法などが指導できることが不可欠です。



また、この活動の普及を目的とした講師活動やセミナーの開催、スクーリングやセミナーなどにアシスタントとしても参加できます。

朝日新聞デジタルが最近話題になっています。

このライセンス試験は、完全在宅受験ですので時間の都合をつけやすくチャレンジしやすいのもメリットです。

ファクタリングについて詳しく説明しています。

チャイルドケア・インストラクターになるには、基礎からホームワーク講座で学べる通信講座でスタートできます。
5つの実習レポートを仕上げながらアロマセラピー・フットケアなど、実践可能な内容を学び、子どもに関する言葉の大切さや自然療法、ふれあいなど基本コンセプトの7項目をしっかり取得・理解を目指します。

インストラクターとして、広い視野と多方面から理解することができケアの実践に欠かせない知識や手段、方法を第三者に対して指導できるレベルにあると認められた場合JAA認定資格が得られます。