チャイルドケア・インストラクターとは

subpage01

そもそもチャイルドケアというのは海外の保育園や幼稚園で行われることがほとんどでした。

それが今日では日本の保育施設でも取り入れられるようになり、保育の現場だけではなく多くのママたちの関心をひいています。


チャイルドケアはハーブやアロマなどを利用したホームケアを提供する職業を指します。

赤ちゃんから小学校低学年くらいまでの子どもを対象としており、子どもだけではなく育児を行うママのケアにもつながるとされています。チャイルドケア・インストラクターとは保育の現場などでチャイルドケアを行うだけではなく、母子対象セミナーの講師として講義を行うことも可能となるため仕事の幅が増えます。またチャイルドケア・インストラクターとはチャイルドケアのスペシャリストとしてベビーマッサージのお店を開業することもできます。



そのためチャイルドケア・インストラクターの資格は保育の仕事に関わる人々のスキルアップのために資格の1つとして注目されています。

チャイルドケア・インストラクターとは資格の1つであるため、試験に合格しなければ認定されません。

メンタルヘルスマネジメント検定受験資格の情報をご案内しているサイトです。

認定在宅講座を受講したのちに受験を行い、合格すれば無事インストラクターの資格をとることができます。

在宅講義は受験料・認定料込で3万円+税で受けることができるため莫大な費用が必要というわけでもないのが特徴です。

Reutersの情報が沢山詰まったサイトです。

そのため目指すのにそこまでハードルが高いわけでもないため保育の仕事をしていないママたちでも取得を目指す人もいます。